大阪駅・梅田の歯医者・歯科ならYASUOKA DENTAL OFFICE UMEDA

コラム

top column

Columns ―お役立ちコラム

コラム一覧を見る

虫歯治療で歯を削った後、セラミックの詰め物を入れることがありますが、何らかの理由でセラミックがとれてしまうことがあります。セラミックの詰め物が急にとれると、慌ててしまう人も少なくありません。

この記事では、セラミックの詰め物・被せ物がとれたときの対処法や主な原因、注意点などを解説します。いざというときに備えて、セラミックについて理解を深めておきましょう。

セラミックとは

 セラミックは、白い陶器素材(セラミック)でできた、詰め物や被せ物のことです。天然歯のように見た目がきれいなため、虫歯治療の際、詰め物や被せ物としてセラミックを選ぶ人が増えています。

保険が適用されないので費用はかかるものの、劣化しにくいので、再治療のリスクを大幅に抑えることが可能です。

セラミックがとれた原因

そもそも、セラミックの詰め物や被せ物は、なぜとれるのでしょうか?セラミックがとれた原因は、主に6つ考えられまます。

虫歯

セラミックがとれた最大の原因は、虫歯です。詰め物と歯の隙間に虫歯菌が侵入すると、虫歯が再発します。虫歯が悪化することで歯が溶けて、セラミックの詰め物や被せ物がとれやすくなるのです。

歯ぎしりや食いしばり

虫歯がないのに、詰め物や被せ物が取れた場合は、睡眠中の歯ぎしりやストレスによる無意識の食いしばりが原因かもしれません。歯ぎしりや食いしばりの癖があると、歯に過度な圧力がかかり、セラミックの詰め物や被せ物がとれやすくなります。

事故

交通事故やスポーツ時などの事故によって、口元に強い力が加わると、セラミックの被せ物や詰め物がダメージを受けやすいです。例えば、球技中に顔にボールが当たったとき、衝撃によりセラミックがとれてしまうことがあります。

差し歯や詰め物の経年劣化

基本的にセラミックは強度が高いですが、セラミックの材質によっては強度不足によりセラミックがとれてしまうこともあります。

ハイブリッドセラミックがその例で、プラスチックにセラミックの粉末が加わっているため、オールセラミックと比較すると強度や耐久性が劣るのは否めません。特に、奥歯は強い力がかかりやすいので、要注意です。

歯の形と合っていない

セラミックの詰め物や被せ物が歯の形と合っていないことも、セラミックがとれてしまう原因の一つです。これは、虫歯治療時の医師の技術の問題といえるでしょう。歯を削る際の形成に問題があると、何度接着してもセラミックがとれてしまいます。

接着剤の劣化

セラミックは専用の接着剤で歯に接着しますが、数年経つと接着剤が劣化していく傾向があります。接着剤が少しずつ流れ出すことで接着力が弱まってしまい、セラミックの詰め物や被せ物がとれてしまうことも少なくありません。

セラミックの詰め物がとれたときの対処法

セラミックの詰め物が取れてしまったとき、どのように対処したらよいのでしょうか?いざというときに備えて、対処法を把握しておきましょう。

歯科医院に連絡する

セラミックの詰め物がとれたら、すぐに歯科医院に連絡してください。詰め物や被せ物の治療を受けた歯科医院が望ましいですが、難しい場合はお近くの歯科医院でも構いません。

セラミックがとれた歯は、非常にもろく、そのままにしておくとさまざまなリスクがあります。自己判断で対応せず、必要な応急処置などの指示を受けましょう。そして、なるべく早い日程で受診することが重要です。

取れた詰め物を保管しておく

歯科医院を受診するまで、取れた詰め物や被せ物は保管しておいてください。歯と詰め物の状態に問題がなければ、そのまま再接着できる可能性もあります。

とれたセラミックは、水や歯ブラシで軽く洗って乾燥させてから、透明のジッパー袋やプラスチックケースに入れて保管しておくとよいです。ティッシュに包んでもよいですが、ゴミと間違えて捨てないように注意してください。

お口の中を清潔に

すぐに歯科医院に行ければよいですが、さまざまな事情で歯科医院に行くまで日にちが空いてしまうこともあるかもしれません。セラミックがとれた状態の歯は虫歯になりやすい状態なので、丁寧に歯磨きをしてお口の中を清潔に保つことを意識しましょう。

ただし、強く磨くと歯の内部が削れてしまうことがあるので、やさしく磨くことがポイントです。痛みがある場合は、無理のない範囲で構いません。

セラミックがとれたときの注意点

セラミックの詰め物や被せ物が取れてしまったとき、注意したいことがいくつかあります。

自分ではめない

とれたセラミックを自分ではめるのは、絶対にやめてください。もちろん、市販の接着剤でつけるのもNGです。家庭用の接着剤は体に害を及ぼすこともあるので、とても危険です。医師が治療する際に治療が困難になるケースもあるので、自分ではめるのは避けましょう。

セラミックが取れたところで噛まない

セラミックがとれた部分は歯の土台のみなので、象牙質や神経が露出している可能性もあります。少しの刺激で痛んだりしみたりすることもあるかもしれません。また、噛む衝撃で歯が割れることもあります。歯科医院を受診するまでの間、セラミックがとれた歯と反対側で噛むようにしてください。

固いものや刺激物を控える

セラミックの詰め物や被せ物が取れた歯は、非常にデリケートです。ピーナッツやおせんべいなど硬いもの、冷たいものや熱いもの、辛いものや酸っぱいものなどの刺激物を極力避けてください。歯を痛めたり 歯が割れたりする原因になることがあります。

セラミックを再利用できるとは限らない

とれたセラミックを再利用できるのは、セラミックが破損してないことが必須です。また、セラミックがとれた部分の歯が健康であることも重要です。もし、セラミックが破損していたり虫歯があったりする場合は、再利用は難しいでしょう。その場合は、新しく作り直すことになります。

セラミックを長持ちさせる方法

セラミックは10年以上長持ちするといわれていますが、お口の中の状態やケアの方法によっては寿命が変わります。できるだけセラミックを長持ちさせるために、以下の3点を意識してみてください。

ブラッシングを丁寧に

治療した箇所が再び虫歯にならないように、ブラッシングをより丁寧に行いましょう。歯間ブラシやデンタルフロスでのケアも習慣にすると、さらによいです。自分に適したブラッシング方法が分からない場合は、歯科医院でブラッシング指導をお願いするのもおすすめです。

歯ぎしりや食いしばりを防ぐ

セラミックは非常に硬い素材ですが、強い衝撃が加わると欠けたり割れたりする可能性があります。歯ぎしりや食いしばりはセラミックにダメージを与えやすいので、就寝中は睡眠時専用のマウスピース「ナイトガード」を装着するとよいでしょう。

定期検診に通う

定期検診は、3~6ヶ月に1回のペースで通うのが理想的です。定期健診に通うと、虫歯や歯周病に早めに対処できるだけでなく、自分では取れない歯垢や歯石の除去も可能です。さらに、噛み合わせやセラミックの状態も確認できるので、より長持ちしやすくなるでしょう。

まとめ

今回は、セラミックの詰め物がとれたときの対処法、セラミックを長持ちさせる方法などについて解説いたしました。セラミックがとれた際は、まずはとれたセラミックを保管して、なるべく早めに歯科医院を受診してください。そして、丁寧なブラッシングを行うことと定期検診に通うことが重要です。安岡デンタルオフィスでは、お口の中のトラブルにも最適な治療法で確実に対処します。そして治療後も、3ヶ月に1回のメンテナンスを行い、キレイな状態を維持します。セラミックでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

最近の研究で、金属アレルギーの原因物質のひとつに歯科治療で使う銀歯などの金属があることが分かってきました。一旦金属アレルギーになってしまうと、完全に治すことは難しく、原因物質を取り除くことで症状を抑える治療が一般的です。

歯科治療では、金属製の詰め物や被せ物をレジンやセラミックなどの金属を含まない材質のものに変える治療(メタルフリー治療)を行います。この記事では、金属アレルギーの症状や原因物質のほか、代表的なメタルフリー治療であるセラミック治療について解説します。

目安となる料金も紹介しますので、最後までご覧ください。

金属アレルギーとは

金属アレルギーとは、金属に触れることで皮膚にかゆみがでたり、水ぶくれができたりするアレルギー反応の一種です。歯科治療では金属製の詰め物や被せ物、矯正器具が原因でアレルギー反応が見られることがあります。

ここでは、歯科治療でも特に多い銀歯による金属アレルギーの症状やその原因物質、金属アレルギーの原因を調べる検査法について、紹介します。

銀歯による金属アレルギーの症状

銀歯による金属アレルギーの症状には、銀歯が直接触れている所に起こる「接触性の金属アレルギー」と、体内に溜まった金属イオンによって口以外の場所にも起こる「全身性の金属アレルギー」の2つがあります。具体的には以下のようなものがあります。

接触性の金属アレルギー

  • 口内炎・舌炎

口内炎や舌が割れる・ただれるなど。口の中を噛む、偏った食生活をしているなどの要因が思い浮かばないのに、頻繁になる方は金属アレルギーの可能性が疑われます。

  • 味覚障害

味が分からない、何も食べていないのに口の中で変な味がするなど。種類の違う金属を口腔内に入れると、微細な電流が流れて味覚障害を生じやすくなることが分かっています。

  • 扁平苔癬(へんぺいたいせん)

口の粘膜に、白い線状やレース状の発疹が現れ、周囲が赤くただれます。ピリピリとした痛みを伴うこともあります。

全身性の金属アレルギー

  • 肌荒れ
    手足の皮膚にかゆみのある湿疹が出る、腫れや赤みが出る、乾燥して皮がめくれるなどの症状が見られることがあります。
  • 円形脱毛症

銀歯が原因となる円形脱毛症があることが最近の研究で分かってきました。円形状のハゲができる単発型・多発型以外にも、髪全体が抜ける全頭型や、髪の毛以外の全身の体毛まで抜け落ちる汎発型など、症状が重いものも起こっています。

  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
    手のひらや足の裏に小さな水泡がたくさんできたり、かさぶたのようなものができたりします。

金属アレルギーを引き起こす銀歯の成分

銀歯は、金と銀とパラジウムの合金でできています。このパラジウムはアレルギー反応を引き起こしやすい物質のひとつ。パラジウムにアレルギー反応がある人は100人に20~30人もいると言われています。

日々熱いものや冷たいものに触れ、大きな力がかかる銀歯は劣化しやすく、傷も付きやすいため、表面から金属イオンが溶け出しやすくなっています。口の中に溶け出したパラジウムなどの金属イオンはタンパク質と結合して、長い時間を掛けて体内に溜まっていきます。それがアレルギー反応を引き起こす可能性が指摘されています。

銀歯が金属アレルギーの原因かを調べる検査

銀歯が金属アレルギーの原因かを調べる検査には、いくつかの種類があります。中でも、最も信頼性が高いと言われている検査が、パッチテストです。

パッチテストとは。金属を溶かした水溶液をテープにしみこませ、そのテープを皮膚に貼りつけて、反応を確認する検査です。通常、テープを剥がしてから2日後、3日後、7日後の皮膚の状態を確認します。アレルギーを専門とする皮膚科で受けることができます。

金属アレルギーでも受けられるセラミック治療とは?

金属アレルギーをお持ちの方が歯科治療を受ける場合には、アレルギー反応を引き起こす原因となる金属を特定し、その金属を使わずに治療するのが一般的です。その際によく選ばれる治療法が、陶材(セラミック)を使うセラミック治療です。

セラミック治療の中には、保険適用のものと保険適用外のものの2種類があります。

保険適用のセラミック治療

CAD/CAM冠と呼ばれる、ハイブリッドレジン(プラスチックとセラミックを混ぜたもの)でできた白色の被せ物は、一定の条件を満たせば保険適用となります。オールセラミックのものに比べて見た目の自然さは落ちますが、セラミック治療の中では比較的安価なのがポイントです。

特定の歯科医院でしか行えない治療なので、CAD/CAM冠を希望する場合は、事前に問い合わせしてから来院するようにしましょう。

保険適用外のセラミック治療

CAD/CAM冠以外のセラミック治療は、基本的に保険適用外となります。治療費は高額となりますが、身体に優しく見た目が天然歯のように自然だというメリットもあります。

当院で取り扱っているセラミック治療は次の3つとなります。料金と併せて紹介します。

ポーセレンインレー(e-maxプレスインレー)

色が白く審美的に優れたセラミック製の詰め物です。経年的な変色もありません。ゴールドなどの金属に比べると割れる可能性がやや高くなりますが、丈夫で長持ちする詰め物です。

  • 小臼歯部 ¥66,000(税込)
  • 大臼歯部 ¥77,000(税込)

オールセラミッククラウン

虫歯や欠けの治療で使うセラミック製の被せ物です。セラミックの美しい材質の特性を十分に生かし、本来の天然歯と同じかそれ以上の色調・形態を再現します。歯と歯茎の境目の黒ずみが目立たなくなるので、特に目立つ前歯におすすめの治療法です。

  • オールセラミッククラウン ¥143,000(税込)

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアでできた被せ物です。光の透過性が高く、天然歯のように自然です。生体ともなじみやすく、強度もとても高いため、大きな力がかかりやすい小臼歯から奥歯におすすめの治療法です。

  • ジルコニアクラウン ¥143,000(税込)

金属アレルギーの方がセラミック治療を受ける際の注意点

金属アレルギーをお持ちの方が初めての歯科医院で治療を受ける場合、いくつか気を付けておきたいことがあります。以下で説明しますので、特に金属を使う治療を受ける可能性が高い場合は、確認しておくと良いでしょう。

事前に皮膚科でアレルギー検査を受ける

ひと言で金属アレルギーと言っても、原因となる金属の種類はたくさんあります。まず、皮膚科でどの金属にアレルギー反応が出るかを確認しましょう。

また、CAD/CAM冠を保険適用で治療を受けるには、金属アレルギーである証明書が必要となってくる場合もあります。担当医師と相談の上、証明書を取るようにしましょう。

初診時に金属アレルギーであることを伝える

皮膚科での検査の上、金属アレルギーであることが確定したら、治療に入る前に歯科医師に伝えることが大切です。歯科医師が金属アレルギーの原因物質を把握していると、治療法の選択もスムーズに進みます。

メタルボンドを選ばない

セラミック治療のひとつ・メタルボンドは金属のフレームにセラミックを焼き付けたもの。内側が金属なので強度が高い利点がありますが、金属アレルギーの方には適しません。

力がかかりやすい奥歯の治療で強度が高いものが良ければ、ジルコニア素材のものを検討しましょう。

金属アレルギーの方が梅田で歯科治療を受けるなら、YASUOKA DENTAL OFFICE UMEDA

今回の記事では金属アレルギーの方の歯科治療法について、お伝えしました。現在、金属アレルギーの症状がある方はもちろん、今はない方にも金属を使わないメタルフリー治療を当院ではおすすめしています。それは口腔内に入れた金属が将来の金属アレルギーを引き起こすリスクがあるからです。

もちろん保険適用の銀歯でも充分使用には耐えますので、無理に保険適用外のメタルフリー治療をおすすめすることは決してありません。一人ひとりの方のご希望に応じて、最適な治療法を提案いたしますので、金属アレルギーでお悩みの方は、ぜひ当院までお気軽にご相談ください。

歯と歯の隙間にできる「ブラックトライアングル」でお悩みですか?矯正治療でブラックトライアングルができて困っている方もいるでしょう。本記事では、ブラックトライアングルができる原因や解決法について解説しています。これから矯正治療を検討している方にも役立つ情報となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラックトライアングルとは?

ブラックトライアングルとは、歯と歯の間にできる、黒い三角形に見える隙間のことです。ただし、これはすきっ歯のことではなく、歯茎の根元に隙間が見られる状態を指します。主に前歯にできやすく、目立ちやすいこともあって、審美的な観点から気にする人が増えています。病気ではないので、見た目が気にならないのであれば、そのままで問題ありません。しかし、歯の隙間に食べ物が挟まりやすくなるため、デンタルフロスや歯間ブラシを使用して、歯周病を引き起こさないように注意してください。

ブラックトライアングルができる4つの原因とは?

ブラックトライアングルができる原因は4つあります。

  • 歯列矯正
  • 歯周病
  • 歯の形状
  • ブラッシング習慣

歯列矯正

意外に思うかもしれませんが、ブラックトライアングルは、歯並びの矯正中や後に現れることがあります。特に歯が重なり合ったり凸凹していたりすると、この問題が起こりやすいといわれています。10代の矯正ではほとんど見られませんが、大人にその傾向が強く、個人差があります。また、矯正をすると多少の隙間ができることは避けられないため、治療開始前にはブラックトライアングルが生じるリスクについて説明を受けるのが一般的です。

歯周病

歯周病では、歯と歯茎の間にできるポケットが深くなっていき、食べかすや細菌がたまりやすくなります。また、炎症によって歯茎が後退し、歯と歯茎の間に三角形の隙間ができることがあります。これがブラックトライアングルです。隙間に食べかすなどがたまりやすくなり、歯周病がどんどん進んでしまいます。

歯の形状

歯の形は遺伝の影響も受けています。歯の形が逆三角形に近いほど、歯の根元が開いて、ブラックトライアングルが生じやすくなります。また、もともとの歯槽骨や歯茎の厚さが薄い人も同様に生じる可能性が高いでしょう。

ブラッシング習慣

力強くブラッシングしたり、強い圧力でフロスを使用したり、一日に何度もフロスしたりすると、歯茎が出血したり炎症を引き起こしたりして組織が退縮し、歯茎が下がります。その結果、歯と歯茎の間に隙間が生じて、ブラックトライアングルが発生することがあります。

ブラックトライアングルを治療したい、対処法とは?

ブラックトライアングルは自然に治ることはなく、今のところ根本的に治す方法はありません。しかし、以下の方法によって隙間を目立たないようにすることが可能です。改善が見込まれる対処法は、6つあります。

  • IPR(ストリッピング)
  • ダイレクトボンディング
  • ヒアルロン酸
  • 歯茎の移植
  • つめ物・かぶせ物
  • ラミネートべニア

IPR(ストリッピング)

IPRは矯正治療の一環として行われる一般的な治療法です。別名「ディスキング」や「ストリッピング」とも呼ばれています。IPRは歯と歯の間を1本あたり0.1mmから0.5mm程度だけわずかに削って、調整していきます。歯の形状が原因でブラックトライアングルがある場合、歯と歯の間隔を調整することで改善することが可能です。

ダイレクトボンディング

ブラックトライアングルを埋めるため、歯科用樹脂(コンポジットレジン)を塗り重ねて、形を整える方法です。注意点としては歯の形が不規則に見えたり、経年劣化で変色や割れたりする可能性があることです。この治療は技術的に難易度が高いので、経験豊富な歯科医に相談することをおすすめします。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸を歯茎に注入して、ブラックトライアングルを改善します。顔やほうれい線などにも使用されているのはご存じかもしれませんが、ブラックトライアングルの改善にも応用しています。効果は半年ほど持続しますが、継続的な治療が必要です。

歯茎の移植

歯茎移植手術では、主に口蓋部(上あごの裏側に位置する部分)から組織を採取し、ブラックトライアングルの部分に移植します。手術は局所麻酔や全身麻酔を使用して行われ、移植後は縫合されます。この外科手術は高度な専門技術が必要とされるため、専門的な歯科医院や大学病院でのみ対応可能です。

つめ物・かぶせ物

虫歯などの治療では、つめ物やかぶせ物をつくる段階で調整することで、ブラックトライアングルの改善が見込めることもあります。ただし、かぶせ物についてはブラックトライアングルの大きさによって難しいこともあります。

ラミネートべニア

ラミネートベニアは、審美治療の一つで、ネイルのつけ爪のようなイメージです。歯の表面のエナメル質を約0.5mmほど削り、セラミック製の薄い素材を歯に貼り付ける治療法です。健康な歯を削らなければなりませんが、短時間で治療ができ、持続時間が長いことが特徴です。

矯正治療のブラックトライアングルでよくある質問

矯正治療のブラックトライアングルについて、よくある質問を紹介します。

  • 歯科矯正には興味あるのですが、ブラックトライアングルができる可能性に不安を感じます。
  • 矯正によるブラックトライアングルで歯を削ることに問題ありませんか?

歯科矯正には興味あるのですが、ブラックトライアングルができる可能性に不安を感じます。

ブラックトライアングルは、矯正治療を受けると必ず生じるわけではありませんが、歯の並びや歯茎の状態に応じて、ある程度の割合で起こることが予想されます。治療前のシミュレーションでは、これらのリスクを一定程度、予測できるので、事前にきちんと説明を受けることが一般的です。矯正医による適切な診断が大切なので、経験豊富な専門医に相談してください。

矯正によるブラックトライアングルで歯を削ることに問題ありませんか?

健康な歯を削ることにはデメリットがあります。しかし、虫歯で治療するときの削り方とは異なり、痛みはほとんどありません。削る量も調整する程度とわずかなので、規定範囲内で削れば健康への影響はないとされています。ですが、過度な削り過ぎは知覚過敏や、すきっ歯になるリスクを伴いますので、矯正治療の経験豊富な歯科医師に相談しましょう。

ブラックトライアングルで後悔しないために、矯正前に丁寧なカウンセリングを受けましょう

矯正治療では、ある程度の隙間が生じることは避けられないとされています。特に歯並びがガタガタしていたり凸凹していると、ブラックトライアングルが発生しやすいと言われています。ただし、問題の程度によっては目立たないように改善できる可能性もあるでしょう。これから矯正治療を検討している方は、治療前の診断やシミュレーションによって、ブラックトライアングルが生じるリスクを予測することができますので、矯正専門医に相談することをおすすめします。

YASUOKA DENTAL OFFICE UMEDAでは、患者様の不安を取り除くため、専門医が丁寧にカウンセリングを行います。インビザラインやワイヤーなどの歯科矯正はもちろん、歯茎移植手術にも対応しています。ブラックトライアングルにお困りの方も、ぜひご相談ください。

日本人は、歯並びや噛み合わせが悪くなりやすいと言われています。

「歯並びがガタガタなのが気になる」「前歯が突き出ているのを改善したい」など、歯並びについてお悩みを抱えている方は少なくありません。

一方で、近年はマウスピース矯正の普及によって歯列矯正がとても身近なものになったと感じている方も多いでしょう。

しかし、患者様の中には「歯列矯正ができないと言われた」という方もいらっしゃいます。

歯列矯正ができないとは、一体どのような状況なのでしょう?

今回は「歯列矯正ができない人とは?」「歯列矯正ができないと言われた場合について」に注目していきましょう。

歯列矯正とはどんな歯科治療かご存じですか?

初めに、歯列矯正について解説したいと思います。

歯列矯正とは、専用の矯正器具を用いて歯並びの乱れを改善する歯科治療を指します。

基本的には自費診療での治療となり、他の治療と比べると期間も長くかかるため、敷居の高い治療だと思われる方も多いかもしれません。

「大変そう」と思われることも多い歯列矯正ですが、歯並びや噛み合わせで悩んでいる方にとっては大きなメリットのある治療でもあります。

歯並びの見た目だけではなく、噛み合わせも改善します

お口全体の噛み合わせが悪いと、うまく発音ができなかったり、肩こりや頭痛、顎関節症などお口以外の問題が起こったりと、さまざまな部分で支障を来します。

歯列矯正で歯並びを整えることは、お口全体の噛み合わせを改善することにもつながるため、こうしたお悩みを抱えている方にとっても大きなメリットがあると言えるでしょう。

もちろん、歯並びの見た目が気になっている方やご自身のお口にコンプレックスを感じている方にとっても、魅力的な治療です。

お口の清掃性を高め、将来的なお口の健康を維持します

歯と歯が重なっていたり、正しく並んでいなかったりする状態は、口腔ケアが行き届かないというリスクがあります。

具体的には、ブラッシングをしても汚れを落としきれない、フロスや歯間ブラシがうまく使えないなど、普段のケアがしづらく汚れが溜まりやすい状態になりがちです。

歯列矯正を行うことで歯並びが正しく整い、毎日のケアもしやすくなるでしょう。

将来的なお口の健康という観点から見ても、大きなメリットがあります。

「歯列矯正ができない」と言われる理由は?

多くのメリットがある歯列矯正ですが、人によっては治療が難しいと診断されることがあります。

「歯科医院で矯正の相談をしたら治療は難しいと言われてしまった」

「先に他の治療が必要だと言われた」というケースについて見ていきましょう。

歯の骨と顎の骨が癒着している場合

歯と歯の間には歯根膜という部分がありますが、この部分で炎症が起きることで顎の骨と歯が癒着してしまうことがあります。

歯根膜の炎症や損傷が起こる理由としては、外傷によるものや遺伝的要素などが挙げられます。

重度の癒着が起こっている場合、歯列矯正では歯を動かすことができないため、治療が難しいと言われてしまうこともあるかもしれません。

こうしたケースでは、歯の癒着を剥がすための治療を行った上で歯列矯正を実施する必要があるでしょう。

重度の歯周病や虫歯がある場合

歯列矯正では、歯に専用の矯正装置を装着します。

そのため、重度の虫歯が見られるケースでは健康な状態での歯列矯正ができなくなるため、事前に虫歯治療を行うよう指導を受けることがあるでしょう。

また、歯周病が進行していると歯を支える歯槽骨が溶けて無くなっていることもあるため、矯正治療は難しいかもしれません。

虫歯や歯周病が見られる場合には、歯列矯正を行う前に必要な治療をして、健康な状態に整えていくようにしましょう。

ご自身の歯が極端に少ない場合

インプラントや入れ歯など、天然の歯以外に対しては歯列矯正を行うことはできません。

そのため、すでに多くの歯が入れ歯や義歯になっている場合は、他の治療方法を模索する必要があるでしょう。

ある程度の矯正治療であれば部分矯正などを用いて対応できる可能性もありますが、矯正治療後にインプラントの調整をしたり入れ歯を作り直したりする必要があるかもしれません。

骨格起因の不正咬合が見られる場合

不正咬合の原因が骨格にある場合、歯列矯正だけでお口の状態を改善することは難しいとされています。

骨格の遺伝に起因した出っ歯や受け口は、外科処置も含めた治療を検討していきましょう。

また、骨格起因の不正咬合は、成人矯正よりも小児矯正の方が効果的だと言われています。

お子様の受け口や出っ歯が気になるという場合は、早い段階で治療を検討することをおすすめします。

歯並びによってはマウスピース矯正が難しいことがあります

マウスピース矯正を用いて歯並びを改善したいと考えている方は多いかと思います。

マウスピース矯正は、装置が目立たないことやご自身で取り外しできることなどから、多くの方が注目している歯科治療の方法です。

一方で、重度叢生や上顎前突(出っ歯)、骨格起因の下顎前突(受け口)などの不正咬合は、マウスピース矯正での治療が難しいこともあります。

そのほかにも、上下の歯の隙間が大きく開いている開咬など、噛み合わせや歯並びを大きく移動させる必要があるケースは、マウスピース矯正だけでの治療が適していないと言われています。

マウスピース矯正が難しい場合の選択肢

マウスピースでの歯列矯正ができないからといって、歯並びを諦める必要はありません。

「歯並びを綺麗に整えたい!」という場合には、ワイヤー矯正の表側矯正、裏側矯正といった選択肢を検討してみましょう。

ワイヤー矯正は従来からある歯列矯正の方法で、最近は色味の目立たないブラケットや透明なワイヤーを用いた治療も注目されています。

また、裏側矯正はリンガル矯正、舌側矯正とも言われ、歯の裏側に装置を装着する方法です。

マウスピース矯正ができないイコール歯列矯正ができないということではありませんので、さまざまな選択肢の中から他の方法を探してみるのもいいかも知れません。

叢生、受け口、出っ歯など、不正咬合の種類に合わせた治療

歯並びの乱れや噛み合わせに悪影響を及ぼす不正咬合には、さまざまな種類があります。

歯がガタガタになっている叢生、下顎が突き出ている受け口、上の前歯が突き出ている出っ歯など、歯のお悩みは人それぞれ違います。

患者様の中には、複雑な不正咬合や骨格・お口の健康状態から「歯列矯正は難しい」「治療ができない」と言われてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

治療ができないと言われて諦めてしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった場合には、一度セカンドオピニオンなどを通じて色々な治療の選択肢を知っていただくことをおすすめします。

必要に応じて虫歯治療や歯周病治療、骨の状態を改善する治療などを経て、お口にあった方法で歯列矯正ができる可能性を探していきましょう。

まとめ

歯列矯正には大きく分けてワイヤー矯正とマウスピース矯正があります。

歯並びの状態やお口の健康状態によっては、歯列矯正ができない・マウスピース矯正では改善が難しいといった診断を受けてしまうこともあるでしょう。

まずはご自身の歯並びがどのような不正咬合の種類であるかを知っていただき、その上で虫歯治療や歯周病の改善など、必要な取り組みを行っていきましょう。

マウスピース矯正での治療が難しい症例でも、ワイヤー矯正を用いることで歯並びを美しく整えることができるかもしれません。

歯科治療の選択肢は、決して一つだけではありません。

ご自身のお口に合わせて必要な治療方法を考え、より美しく健康な状態を目指しましょう。

「歯の黄ばみが気になる」「治療をするなら白い素材がいい」「歯を白く見せたい!」という願望は、多くの方が持っているのではないでしょうか。白く輝く歯は、それだけで健康的で明るい印象を与えます。
今回は、そんな「白い歯」を実現するための方法やそのメリットについてご紹介していきます。

白い歯を実現するための治療方法とは?

歯を白く見せたいという方におすすめの治療は、いくつかあります。

一つ目は、白い素材を用いて治療を行うこと、二つ目はご自身の歯の色味を落として白く見せる治療を行うこと、そして三つ目は白い状態を維持しやすい治療を選択するということです。

下記では、白い歯を実現するための治療3点についてご紹介していきます。

ホワイトニング

ご自身の歯を白くしたいという方へは、ホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングにはいくつかの方法がありますが、いずれも専用の薬剤を歯に塗布して歯の漂白を行うというものです。

ホワイトニングは天然の歯に適用される美容診療となるため、詰め物や被せ物、インプラント治療を行っている箇所は白くなりません。

また、患者様の本来の歯の色味によって白くできる度合いは異なります。

「芸能人のような真っ白な状態にしたい」という場合には、他の治療を併用したり、定期的にホワイトニング施術を受けたりする必要があるでしょう。

インプラント

インプラント治療は、欠損箇所を補うための治療です。

基本的にインプラントで用いられる上部構造はセラミックやジルコニアといった素材を用いることが一般的です。

保険診療の入れ歯やブリッジよりも白い状態を維持しやすく、また、治療跡が目立ちにくいため、審美性にこだわりたい患者様におすすめです。

インプラントは白く自然な見た目はもちろん、噛む機能を改善するという面でも大きなメリットを持った治療です。

セラミック治療

虫歯や破折を治療する際の詰め物・被せ物は、保険診療の場合は銀歯やプラスチックを使用しますが、セラミックの素材を用いることでより白く美しい状態を実現することができます。

セラミックの素材には、金属を一切使用しないオールセラミック、奥歯の治療にも適した強度のあるジルコニア、セラミックとプラスチックを混ぜたハイブリッドセラミックなど、さまざまな種類があります。

銀歯のように悪目立ちせず、プラスチックのように経年劣化による変色のリスクも少ないことが魅力です。

ホワイトニングの種類や効果、費用を解説!

「歯を白くしたい」と考える方が初めに検討されるのがホワイトニングではないでしょうか。

ホワイトニングは歯を削ったり抜いたりすることなく、ご自身の歯を白く整えることができます。

下記では、そんなホワイトニングについて、種類や効果、費用について紹介していきますので、ホワイトニングを受けたいという方はぜひ参考にされてみてください。

自宅でできるホワイトニング「ホームホワイトニング」とは

ホームホワイトニングは、患者様ご自身で施術を行っていただく方法です。

専用のジェルとマウスピースを用いて、ご自宅でホワイトニングに取り組むことができます。

歯科医院に通う手間がなく、好きなタイミングで施術を行えるため、忙しい方にも人気の方法です。

効果が出るまでには個人差がありますが、大体2週間前後で白さを実感できる方が多いとされています。

ホームホワイトニングは、歯の内部から漂白していくため、白さを維持しやすいというメリットがあります。

また、オフィスホワイトニングよりも刺激の少ない薬剤を使用するため、知覚過敏のある方でも無理なく施術を続けられる点も魅力です。

短期間で歯を白くする「オフィスホワイトニング」とは

オフィスホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングです。

歯科医院専用の薬剤を歯に塗布して、特殊な光を照射することで短期間で歯を白くすることができます。

多くの場合は1.2回で白さを実感できるでしょう。

ホームホワイトニングより持続性がないため、白さを維持するためにホームホワイトニングと併用するデュアルホワイトニングを選択する方も多くいらっしゃいます。

患者様によっては知覚過敏のような症状が出ることもあるため、注意が必要です。

ホワイトニングは保険適用?ホワイトニングの費用について

ホワイトニングは虫歯治療や歯周病治療と違い、美容診療に分類されます。

いわゆる「自費診療」となるため、費用は歯科医院によって異なります。

また、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニング、それらを併用するデュアルホワイトニングでも費用が異なるため、事前に歯科医院で費用の確認をしておくようにしましょう。

審美性の高い状態を目指すならインプラントもおすすめ

ホワイトニングが「天然の歯を白く整える」ための治療である一方、歯を失ってしまった部分を白い素材で補うための治療の一つがインプラントです。

インプラントは入れ歯のように金具を使ったり銀歯のブリッジを使用したりしないため、自然な見た目を再現することができます。

しっかり噛みたいという理由からインプラントを選択する方も多くいらっしゃいますが、見た目にこだわりたいという方にとってもインプラント治療はメリットのある選択肢だと言えるでしょう。

インプラント治療のメリット

インプラント治療は、失った歯を補う治療の中でも天然の歯に近い噛み心地が得られるというメリットがあることをご存じの方は多いでしょう。

そんなインプラントには、審美的な面でも大きなメリットがあります。

インプラント治療は、見た目も天然の歯に近く、色味の調整もしやすいため、治療後に患部が目立ってしまうリスクが少なくなります。

「ホワイトニング後の色味に合わせたインプラント治療がしたい」という場合には、上部構造の部分をワントーン白い状態で作製することもできます。

なるべく白い歯を維持したい、着色による再治療を防ぎたい、見た目が自然な状態に仕上げたいという方へは、インプラント治療をおすすめします。

ホワイトニング+インプラント治療は可能?

ホワイトニングの特徴として、ご自身の天然の歯以外には効果が現れないという点があります。また、白さの色味の調整をすることは難しく、実際に施術を受けてみないとどこまで白くできるかは分からないこともあるでしょう。

そのため、白い詰め物や被せ物、インプラント治療を行う際には、ホワイトニング後の色味に合わせて処置を行う必要があります。

ホワイトニングとインプラント両方の治療を検討されている場合は、事前にホワイトニングを受けたいことを歯科医師に伝え、色味に違和感のないインプラント治療を行うようにしましょう。

セラミックの詰め物や被せ物も審美性◎!

ホワイトニング後に色味のムラが気になるという場合には、詰め物や被せ物を用いた治療もおすすめです。

ホワイトニングの色に合わせてインプラントを作り替えることは難しいですが、部分的な詰め物や被せ物であれば、ホワイトニング後の白さに合わせたトーンで再度治療を行うことができます。

また、セラミックの詰め物や被せ物は汚れの蓄積や着色が少ないため、白い状態を維持しやすいというメリットもあります。

再度ホワイトニングを行う場合も、セラミックのトーンに合わせて調整がしやすくなるでしょう。

まとめ

ホワイトニングやインプラント、セラミック治療など、審美性を追求した治療にはそれぞれ大きなメリットがありますが、その全てに共通するのは「白い歯を実現し、維持していく」ということです。

白い歯は、見た人に清潔感のある印象を与えます。

また、患者様ご自身も「綺麗な状態を維持したい」という思いから、積極的にメンテナンスやクリーニングに通われるため、口腔内のトラブルが起きにくいというメリットもあります。

歯の黄ばみは、女性だと2.7歳、男性だと3.1歳ほど老けて見えるとも言われています。

歯の見た目が周囲に与える印象は、それほどまでに大きいのです。

充実した日々を過ごすためにも、自信を持って笑顔になれるためにも、歯を健康に維持するためにも、白い歯を守っていくことは大切な取り組みと言えるでしょう。

インビザラインで効果的に矯正するには、毎日22時間以上の装着が必要です。しかし、飲み会や外食、旅行や結婚式などのイベントがある場合、どうしたら良いか悩むこともあるでしょう。この記事では、マウスピースを一時的に外すことが可能か、それが治療にどのような影響を及ぼすか、また装着時間を守れないときに取るべき行動などについて解説します。装着時間に悩む方は、ぜひ参考にしてみてください。

インビザラインを半日外しても大丈夫?

結論から言うと、半日から一日程度であれば特に問題ありません。マウスピースは、一日に22時間以上の装着が推奨されています。一時的に外すことは構いませんが、長時間であると治療の進行に影響する可能性があります。

インビザラインの装着時間はなぜ22時間も必要なの?

装着時間を守るべき理由は以下の2つです。

  • 矯正力をかけ続けるため
  • 後戻りを防ぐため

矯正力をかけ続けるため

インビザラインはマウスピースで歯の位置を移動させます。22時間の装着時間を守ることで、歯列移動の持続性を確保します。そのため、外してしまうと歯の移動が止まって、治療効果が低下してしまいます。

後戻りを防ぐため

矯正力がかからないと、歯が元の位置に戻ろうと後戻りします。特に矯正中の歯はまだ不安定であるため、装着時間を守って、後戻りさせないことが大切です。

インビザラインを1日以上外すことでどんな問題が起こる?

インビザラインを1日以上外すと起こり得る問題は以下のとおりです。

  • 治療期間が延びる
  • マウスピースが合わなくなる

治療期間が延びる

インビザラインを長時間外したり、つけ忘れたりすることが続くと、治療計画が大幅に遅れる可能性があります。インビザラインはマウスピース1枚で歯を0.25mmずつ移動させ、1週間ごとに新しいものに変えることで徐々に歯を動かします。そのため、長時間装着しないと歯が元の位置に戻りはじめ、結果的に治療期間が延びてしまいます。

マウスピースが合わなくなる

歯が元の位置に戻り始めると、再びマウスピースを装着しても痛みや違和感を感じるだけでなく、フィットしなくなることがあります。さらに、再度作り直す必要が出てくるかもしれません。

インビザラインを1日以上外したい、装着時間が不足するときの対処法

半日〜一日程度であれば問題ないとされていますが、装着時間を守れない場合に取るべき行動は以下のとおりです。

  • 事前に相談する
  • マウスピースの交換時期を延ばす

事前に相談する

イベントなどでマウスピースを外す日が続く場合、事前に矯正医に相談しましょう。装着時間が不足すると、治療計画との間にずれが生じ、歯並びが予想通りにならなくなる可能性があります。

マウスピースの交換時期を延ばす

装着時間が不足している日がある場合は、マウスピースの交換タイミングを遅らせることで問題を解決できるかもしれません。本来の交換予定日を延期し、長めにマウスピースをつけることで、不足した装着時間を補うことも可能です。ただし、自己判断で交換期間を延長するのは避け、必ず担当医に相談してください。

インビザラインの装着時間を守るコツは?

装着を忘れないように気をつけていても、つけ忘れてしまうことは誰にでもあるでしょう。装置時間を守るコツは以下のとおりです。

  • 食事の直前に外す
  • 食事時間や回数を増やさない
  • 歯磨きセットを持ち歩く
  • リマインダーやアラームを活用
  • マウスピースを予備で持つ
  • 薬を服用する

食事の直前に外す

装着時間を最大限に確保するために、食事の直前にマウスピースを外す習慣を身につけましょう。外食のときでも食事をする直前に外し、取り外したあとは専用ケースに保管してください。

食事時間や回数を増やさない

食事が長引いたり回数が増えたりすると、マウスピースを外す時間や機会が増えます。つけ忘れや歯磨きをサボる可能性も高くなるので、食事の時間にメリハリを付けてください。

歯磨きセットを持ち歩く

食後は歯を磨いてからマウスピースを装着します。歯磨きができないときは、うがいしたり水を飲んだりしたあとに装着しましょう。口内衛生も大事ですが、装着時間の確保を優先してください。

リマインダーやアラームを活用

食後や歯磨きの後につけ忘れる傾向がありませんか?スマートフォンにリマインダーやアラームを設定して、つけ忘れを防ぎましょう。これにより、つけ忘れのリスクを減らします。

マウスピースを予備で持つ

長時間外出するときは、予備のマウスピースを持ち歩きましょう。そうすれば破損・紛失しても、装着時間が不足するリスクを最小限に抑えられます。

薬を服用する

インビザラインによる痛みの感じ方は個人差があります。22時間の装着が難しい場合は、矯正医に相談してから痛み止めを服用しましょう。

インビザラインを半日外すことに関するよくある質問

インビザラインを半日外すことについて、よくある質問を3つご紹介します。

  • 外食する際、いつインビザラインを外せばいいですか?
  • インビザライン矯正中、食べ歩きはOKですか?
  • インビザラインを外さずに食事しても大丈夫ですか?お菓子くらいなら問題ありませんか?

外食する際、いつインビザラインを外せばいいですか?

取り外すタイミングは人によって異なります。食事を注文した後、または同行者に注文を頼んだ後にトイレで外す人もいれば、場所や相手に応じてその場で外す人も。上司や先輩との飲み会では、乾杯の1杯だけをつけたままにしておき、その後でこっそり外すという人もいます。

インビザライン矯正中、食べ歩きはOKですか?

食べ歩きはマウスピースの着脱が頻繁になるため、おすすめしません。もし食べ歩きするのであれば短時間で行い、他人の目が気になる場合はハンカチで口を覆って取りはずし、専用ケースに保管しましょう。食後の歯磨きが難しい場合、お水を飲むだけでも良いので、装着時間をなるべく確保してください。

インビザラインを外さずに食事しても大丈夫ですか?お菓子くらいなら問題ありませんか?

マウスピースをつけたまま食事をすると、食べ物や飲み物が残り、虫歯や歯周病のリスクが高まります。また飲食物によっては色移りしたり、破損することもあります。そのため、食事や飲み物をとる際には外してください。

まとめ

インビザラインの装着時間は1日に22時間とされていますが、半日から1日程度外すのであれば問題ありません。ただし、連続して外すイベントがつづくと後戻りを引き起こす可能性があるため、注意が必要です。装着時間を守れない日がつづく場合は、事前に担当医に相談してください。ライフスタイルによっては、ワイヤー矯正を検討する方がいいこともあります。

YASUOKA DENTAL OFFICE UMEDAでは、患者様の不安を解消するために専門医が丁寧にカウンセリングを行います。マウスピース矯正やワイヤー矯正についてのご相談は、いつでもお気軽にどうぞ。

pagetop